社長が現場で日々思うこと

平成31年 2月

今月は「2018年 住宅コンテスト」授賞式についてお話ししたいと思います。
日本では毎年のように色々な住宅コンペがおこなわれています。
(※コンペ → コンペティションの略 → 競争、競技会、優劣をつけること)

それらは省エネ性を競うもの、デザイン性を競うもの、設計力を競うもの、リフォーム力(リノベーションなどの生活の可変性)を競うものなどなど、多種多様にわたります。
その中で今回私達が応募したような、日本中の工務店、設計事務所、ハウスメーカー問わず、かつ応募総数何千というコンペは少ないと思います。

私もいつかこの様なコンペに応募したいと思っていましたし、三幸住宅の家づくりを手伝ってくれている協力業者の仲間にも「三幸さんは出すべきだ!」というお言葉は何年も前からいただいていました。
しかし、このコンペに応募することはそう簡単ではないことが、なかなか応募できなかった理由でもあります。
これは私だけではなく、これからこの様なコンペに挑戦しようとする人達にも同じことが言えます。

まずは写真です。
1次審査、2次審査の書類選考は写真が大切なので、自社でデジカメ・スマートフォンで撮影したような物ではかなり厳しい・・・。
幸いなことに、私達三幸住宅は竣工アルバムを全棟制作していて、プロのカメラマンに毎回撮っていただいているのでなんとかなったのですが、普段そうしていない会社は、あえてプロのカメラマンを頼んで竣工写真を撮らなければならないでしょう・・・。

次に文章です。
コンペに応募する際、1物件に対して最大20数枚までの写真を提出することが出来ます。10枚や15枚など、その数より少なくても良いのですが、枚数が少ないと審査員に対して造り手の思いが伝えきれません。そのため、最大枚数の写真を提出したいのですが、写真1枚に対して200~400文字の説明文も一緒に添付するため、これがまたひと苦労となります。造り手の思いを1枚1枚すべて書いても良いならまだ楽なのですが、これを200文字以内、400文字以内と言われてしまうと、その文字数に伝えたいことを収めるのが非常に大変でした。

私自身も極力現場に出ている大工工務店ですから、まず応募できる状態にするのに朝と夜、日曜日などを使いながら、今回はなんとか応募の締め切り「ギリギリ」ですべり込み、間に合わせることが出来ました。(※たまたま応募締め切り間際の竣工になってしまった物件はキツい・・・。)
結果的に今回三幸住宅としては「新築部門」で「地域最優秀賞(埼玉県ナンバー1)」をいただく事が出来ました。
これは、この物件のお客さまだけではなく、いままで三幸住宅が手掛けることが出来たお客さますべてに喜んでいただけたこと、またお客さまの希望する家をなんとか「カタチ」にしようと必死に頑張ってくれた各職人達、そしてこの物件に関わったすべての人達の気持ちに報いることが出来たと、私自身嬉しく思います。

2019年の1年間は、ホームページで私達職人の誇りとして掲げさせていただきたいと思っています。
私達は規模こそ小さい会社ですが、1件1件、一生懸命造っていこうと思っています。その結果いつか、日本一となれるように、私自身技術面、住環境理論とも向上できるように、日々精進してまいります。
三幸住宅 新井と大澤
LIXIL担当営業マンと一緒に
受賞会場の外ロビーにて(横浜ロイヤルパークホテル)
審査員紹介

平成31年 1月

 家づくりのメリットもデメリットも理解して、家づくりを「科学」で「家楽」する、家楽くらぶを始めます。 たとえば、このような事で悩んでいる方におすすめです。

■ いまは工事の予定がないけれど、家のことに興味があって、いろいろ気になっている。
→ 気になっているところ、お答えします。
■ いまA社とB社に新築を見積もってもらっているのだけれど、仕様も違えば値段も違う・・・。暖かくて住みやすく、格好の良い家が欲しい。なにを選べば良いの?
→ セカンドオピニオンのように、いろいろ確認できます。自分の会社の押し売りはしませんのでご安心ください。
■ いろいろな施工業者と話をして、勉強もしてきたけれど、いろいろありすぎて、結局何がいいのか分からなくなってしまった。
→ 自分の会社の仕様だけを良く言ったりはしません。分からないところを、一つ一つお話しします。
■ そろそろお風呂を交換したい。子どもが大きくなったから部屋をリフォームしてみたい。でも、どういうところに気を付ければ良いの?いろいろ聞いてみたい。
→ もちろん、リフォームをお考えの方もお越しください。
営業エリア:川越市・ふじみ野市・狭山市・鶴ヶ島市・坂戸市・川島町・上尾市・さいたま市・富士見市・志木市・朝霞市・和光市・東松山市・三芳町など埼玉県全域
有限会社 三幸住宅 〒350-0845 川越市上老袋490-10 TEL:049-225-1008 FAX:049-225-0341
Copyright © 2008-2019 有限会社 三幸住宅
35545