イメージの共有

 お客様が希望するものを最大限造り上げるには、お客様と造り手側とのイメージの共有がどこまで出来ているかにかかっています。
 イメージは、施工側、お客様の個人の頭の中にあるものなので、それを共有出来る様に図面などを描きます。しかし、お客様と話し合いをして、聞き取りとして反映した図面がお客様のイメージ通りか?という事を施工側が確認しづらいという事が多々あります。
 また、私達は建築図面でその家を頭の中に建てたり、家の中を歩き回ったりしながら、使い易さ、外観のバランスを考えて進めていきます。しかし、それは一般のお客様には大変だと思います。図面だけでは伝わらない、伝わりにくい事があると思います。

模型

模型

 そこで私たちは、イメージの確認が出来ればと思い、立体にする事で図面よりも実物に近くわかりやすいパースや模型を造り、時間を掛けていろいろな話をしていきます。

 

 そうしてお客様のイメージを造り手側が理解共有し、より使い易く、かっこいい家を造れると思います。

立面図

立面図

 そうすれば、建ってから「ここもう少し広いほうが良かった」「屋根がもう少し出ていた方がバランス良かったかな」という後悔がなくなると思います。

営業エリア:川越市・ふじみ野市・狭山市・鶴ヶ島市・坂戸市・川島町・上尾市・さいたま市・富士見市・志木市・朝霞市・和光市・東松山市・三芳町など埼玉県全域
有限会社 三幸住宅 〒350-0845 川越市上老袋490-10 TEL:049-225-1008 FAX:049-225-0341
Copyright © 2008-2019 有限会社 三幸住宅
36058